小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
意匠(23)
仕掛け人
 本誌33号「帰化人」掲載の工藤竜男氏が仕掛け人。昭和50年代に旅行代理店勤務時代に添乗員としてカナダのバンクーバーへ赴き、そこで初めて蒸気時計なるものを見て感動。この印象が工藤氏の心に刻まれる。
 氏は小樽の様々なまちづくりで実績をあげているが、小樽オルゴール堂やルタオのある交差点(七差路)「メル・・・

地産(21) 後志でなにが生産されているの
移住
 三浦さんは33歳の時、田舎暮らしに憧れ脱サラ、夫婦で埼玉へ移住。そこで農業を5年勉強し、本格的に就農を目指した。黒松内町へは新規就農者を募集していたことと、受け入れ態勢が整っていたことから、今から2・・・
2012.9月号表紙
2012.9月号表紙
2012.9月号
平成24年9月10日発売 定価350円
目次

■歴史
総合史(41) 小樽の歴史を詳しく
探索史(38) 小樽の現在から歴史をうかがう
小樽の歴史的建造物(12) 歴史と建物が一体になるまち・小樽 −調査か…
博物学(31) 専門分野を正・・・

まちづくり運動から学ぶ(20)
実務家
 大いなる構想が実現されるには、その構想の意義を理解する実務家がいなくてはならない。実務を担う者がいなければ現場はつくれないし、現場がなければ運動は絵に描いた餅でしかない。夢街やポート、いわゆる「運河・・・
編集後記
 麻雀は四角い宇宙にたとえ東南西北がある。いかにも哲学性を帯びたインド発祥らしいゲームだが、ゲームに没頭する諸氏にもいろいろいる。
 基本は順番に山から一牌ツモって、自分の手から海に一牌捨てながら作品・・・

COLUMN
現在の環境
 経済成長が無限でないことをこの国は確信し始めている。だから今は金で換えられる価値には目途を付け、自分らしさが滲む固有のライフスタイルを持つに相応しい時代ではないかと考えている。
松田ビル正面玄関(旧三井物産小樽支店)
松田ビル正面玄関(旧三井物産小樽支店)
意匠(43)
ブラケットとは
 ブラケット(bracket)とは壁面の上部に取り付ける種類の照明器具。あまり大型のものはなく、補助照明として用いられることが多い。廊下や階段の照明としても用いられる。壁を照らす事により間接照明のよう・・・

編集後記
 人は社会の中で生き、自ら抱く善に照らして、「このままではいけない。多くの人々が苦しむ。なんとかしなければ!」という問題意識から「志」を持ち、同調する者が集い組織をつくり社会改革に乗り出す。そこでこの・・・
アーティスト(17)
経歴
 昭和59年小樽生まれ、北照高校卒業後、札幌の調理師専門学校へ、以後飲食店などに勤務。13歳でアコースティックギターを学び、15歳独学でピアノをはじめ、こうして表現方法を手にした下兼氏、自らの中に湧き・・・