小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
観光学(26) 観光を読む
9・11と3・11
 2001年9月11日に米国で発生した同時多発テロは世界中に大きな衝撃を与え、その後「9・11」が合言葉になった。9・11は「第四次世界大戦の始まり」を意味するという見方もあれば、9・11はそれまで米国を中心にして動かされてきた「世界政治経済の構造が変わる兆し」という見方もあった。現にその後BRIC・・・

2011.8月号表紙
2011.8月号表紙
2011.8月号
平成23年8月10日発売 定価300円
目次

■歴史
総合史(29) 小樽の歴史を詳しく
再生史(26) 小樽の歴史文化を紐解く
部門史(27) 小樽のテーマ別の歴史
博物学(18) 専門分野を正しく

■観光
観光学(29) 観光を読む・・・
意匠(21)
郵便ポストの数
 小樽市内には郵便ポストが、支店管理が218基、私設が4基、店内が12基、合計250基ある。私設では市立病院、協会病院、済生会小樽病院、済生会西小樽病院にそれぞれ設置されている。店内というのはコンビニ・・・

比較論(21)
驚 き
 これまで海外へは二十数回旅行で出かけたが、へそ曲がりの筆者は誰もが行きたいというハワイを正直いって馬鹿にしていた。何故なら、旅はテーマを持って探索するものだと言い聞かせていたからだ。しかし年をとると・・・
編集後記
 本号の「地域資源活用」でいう山本氏の接客を研究する姿勢は見事だが、ここでは氏のいう深い領域の話ではない。一元客の我が侭についてである。
 展示会などを歩くとブースごとに係員がお客に説明をしている風景・・・

まちづくり運動から学ぶ(10)
北樽児の山口取材
 私らが発行していた機関誌「北樽児」で、第1回ポートフェスティバルに参加した際に、私の印象に残っていた山口 保(以下山さん)氏を取材するため、彼が経営していた手宮のメリーゴーランドという喫茶店へ出向い・・・
国際観光地づくり〜文化・習慣をコーディネートする〜(10)
 おもてなし。これは日本人独特の文化といわれている。なぜかは、国境を越えて「サービス」を学びに日本に来る方が多い。個人的であったり、企業の一環として研修があったりする。人の心を読んで一歩先のサービスを・・・

比較論(30)
エアポケット
 本号「意匠」でふれた公園のエアポケットから連想して、忍路の村並みがすぐ浮かび上がった。「忍路は小樽のエアポケット」という勝手な位置づけだ。30年前『ふぃえすた小樽』というタウン誌の取材で忍路を訪れた・・・
観光学(47) 観光を読む
先進国クラブ
 昨年末に安倍内閣がスタートしてから東京市場の平均株価が急騰し、円相場も円安が進んでおり、日本経済再生への期待が高まっている。今後、安倍首相の提唱する「アベノミクス」と呼ばれる経済政策(金融緩和、財政・・・