小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
トピックス
変革
 小樽恒例の夏祭り「潮まつり」は今年で第45回を迎えた。前年から運営委員長が山本憲治氏に代わり、徐々に変革されている。
 祭りの賑わいはまず出店ということから、通常どの祭りにも「枝豆」「焼きそば」「焼肉」「おでん」などの定番メニューが並ぶが、こういう定番出店のほかに、あえて「小樽グルメブース」という・・・

意匠(17)
共用栓の専用栓
 明治44年7月7日に小樽区は創設水道仮通水し、大正3年に創設水道工事が竣工、翌大正4年に奥沢水源地で通水祝賀式を挙行するが、明治44年6月に給水栓型式選定委員会において、共用栓の選択が行われ、変遷し・・・
地産(12) 後志でなにが生産されているの
四国から開拓へ
 明治36年、滝本氏の祖父は徳島県から現在のニセコ町へ開拓民として入植。当時はジャガイモ栽培やでんぷん作りで生計を立てていた。その後、現在の赤井川村へ移転し農業を続けた。移転してからは、ジャガイモの他・・・

国際観光地づくり(12) 〜文化・習慣をコーディネートする〜
 私達でも知らない日本語はあるだろう。しかし、日常会話で使っていた言葉がアメリカ人の友人に通じなかった事があった。「注射器」である。
 日本人なら誰でも知っていそうな単語。私のアメリカ人の友人に、「i・・・
COLUMN
様々な論理における人間価値
1.都市の論理
(1)雑踏
 東京のように高層建築が建ち並ぶ街並みにおいて、街並みと人間を比べると人間は雑踏でしかない。たとえばビルの屋上から地上を見下ろしたり、高層階の窓から見る景色において、その印・・・

観光学(46) 観光を読む
日中・日韓関係の緊張
 尖閣諸島の国有化をきっかけにした日中関係の緊迫化や竹島の領有をめぐる日韓関係のこじれなどによって、中国や韓国からの訪日客が激減している。昨年は日本における「LCC(格安航空)元年」といわれ、中国や韓・・・
編集後記
 似たようなことを意味するこの3つの言葉には、それぞれの視点があると考えている。いずれも「定め」を意味するが視点で分かれる。天命は天の視点、運命は風の視点、宿命は己の視点である。太陽がなければ地球に生・・・

メニュー 一番人気はこってりごま醤油
メニュー 一番人気はこってりごま醤油
帰化人(58) 小樽こだわりのライフスタイル
えっ!小樽っすか?
 昭和59年札幌生まれの横井孝一郎氏は、中学から滝川へ移り滝川中学、そして定時制の滝川高校へ働きながら進学。その働き口が旭川を本拠とするらーめん山頭火滝川店だった。17歳で店長となり、以後、旭川・岩見・・・
収穫したカリンズ
収穫したカリンズ
地産(47) 後志でなにが生産されているの
ベリーとは
 ベリーとは、イチゴ(ストロベリー)、ブルーベリー、ラズベリー、グーズベリー、ブラックベリー、クランベリー…など、多肉質の小果実の総称。イチゴやブルーベリーはよく見かける果実だが、それ以外は洋菓子の食・・・