小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
2011.11月号表紙
2011.11月号表紙
2011.11月号
平成23年11月10日発売 定価350円
目次
■歴史
総合学(32) 小樽の歴史を詳しく
探索史(29) 小樽の現在から歴史をうかがう
部門史(30) 小樽のテーマ別の歴史
小樽の歴史的建造物(2) 歴史と建物が一体になるまち・小樽 ー調査から再生までの20年間の展開ー
博物学(21) 専門分野を正しく

■観光
観光学(32) 観光を読・・・

編集後記
 本号の「地域資源活用」でいう山本氏の接客を研究する姿勢は見事だが、ここでは氏のいう深い領域の話ではない。一元客の我が侭についてである。
 展示会などを歩くとブースごとに係員がお客に説明をしている風景・・・
地産(22) 後志でなにが生産されているの
明治からの杉山家
 積丹町入舸地区は明治期、大漁家「斉藤家」の漁場として鰊漁が盛んだった。その頃、現・杉山家の初代杉山源太郎は青森県の陸奥横浜よりこの地に入植。その後、漁師として海産物加工販売で生計を立てた。
 二代目・・・

2013.12月号表紙
2013.12月号表紙
2013.12月号
平成25年12月10日発売 定価350円
目次

■歴史
総合史(56) 小樽の歴史を詳しく
部門史(39) 小樽のテーマ別の歴史
小樽の歴史的建造物(27) 歴史と建物が一体になるまち・小樽 -調査か…
博物学(46) 専門分野を正しく
民・・・

編集後記
 「倍返し」「十倍返し」「百倍返し」という流行語を放った「半沢直樹」というテレビドラマを正月鑑賞した。
 権力あるいは立場にかこつけて不正をはたらき、見事に隠蔽する悪を退治する勧善懲悪の現代版シナリオ・・・
工房看板
工房看板
アーティスト(12)
動機
 前田氏は昭和23年に小樽で生まれ市内の建設会社に勤務していたが、歴史に興味を抱き、趣味で小樽の歴史的建造物の細密画を描く中で、歴史最古の縄文時代に思いを馳せるようになる。そのキッカケになったのは小樽・・・

インフラ(15) 地域のためになくてなはらないものたち
港文化
「港文化」という言葉に定義はない。「港文化」のわかりやすい事例として、平成12年から日本土木学会が貴重な施設としてと認定している土木遺産をあげることができる。小樽には、小樽港斜路式ケーソン製作ヤード、・・・
観光学(66) 観光を読む
人口ボーナス
 私事で恐縮であるが、私は終戦(1945)年の生まれなので、毎年8月15日を迎えると子どもの頃の日本のことを思い出す。太平洋戦争に敗戦した日本は国土が焦土と化し、連合国軍に統治される惨めな国であった。・・・