小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalw地産(28) 後志でなにが生産されているの

地産(28) 後志でなにが生産されているの

手作りみそ
JAきょうわ前田女性部 食品加工グループ
代表 井田 令子 氏



共和町の農業のはじまり
 1857年、江戸幕府により、国営農場ともいえる「御手作場」が幌似と発足に設けられる。これが共和町の農業のはじまり。1883年(明治16年)に加賀前田家第15代当主の前田利嗣が士族の生活をたすけるため企業社を結成し、翌年、前田村に76戸を移住させた。前田村の名は前田利嗣の姓からとったものだという。1955年(昭和30年)に前田・小沢・発足の三村が合併し共和村となり、1971年(昭和46年)に現在の共和町となった。この地域の気候は稲作に適しており、農業が基幹産業となっている。また、加賀の開拓者が入植した前田地区一帯は良質米を産出し、スイカ・メロンなどの果菜の栽培が盛んな地域となっている。

減反政策がきっかけ
 このような歴史的背景により稲作が盛んだった前田地区も、1970年から始まった国の減反政策により農業のカタチが徐々に変わっていった。昭和60年代、減反による休耕田の活用が検討される中、そのひとつとして大豆栽培が始まった。これは大規模に栽培することではなく、収穫した大豆でみそを自家用に作ることが目的だった。これを手掛けたのが、前田地区の日の出町内会の女性グループだった。

初めてのみそづくり
 昭和61年、いよいよみその試験製造に入った。工場は、農協の越冬野菜貯蔵庫を使わせてもらうことになった。みその原料は大豆、米麹、塩といたってシンプル。塩以外は地元の大豆、麹は地元米で自家製造することを基本とした。しかも無添加。ところが、最初は大豆を蒸すのか煮るのかもわからなかったという。そこで、倶知安の後志農業改良普及センターに相談し、基本的な技術指導を受けることとなった。
 教わった技術を基に始めてみたものの、みそにするための原料の比率と仕込みまでの工程に苦労した。まずは麹づくり。麹は稲の発芽器を利用した。麹が出来るまでの温度管理は工場の近くに住む井田さんの担当。麹が出来るまでの約3日間は目を離すことができないという。大豆の蒸し具合、つぶし具合も試行錯誤。蒸し窯を割ってしまったこともあるという。
 原料の大豆には大きく分けると、表面のへこんだ部分が黒い『黒目大豆』と、色のついていない『白目大豆』などがあるが、一度、黒目大豆でみそを作ったところ黒いカスが残り見た目の悪いみそになってしまった失敗談もある。業界では、みそづくりに黒目大豆を使わないことも、この時知った。

初めての評価
 こうして何とか出来上がったみそは、イベントで販売することとなった。そのイベントは毎年8月下旬に開催される「かかし祭り」。用意したみその量は60s。見事完売した。お客様からの評価も上々。地元の大豆、米を使った安心感、無添加の安全性、やさしい味が評価された。これをきっかけに本格的に製造することとなった。この時、新たに製造を担当することになったのが、JAきょうわ前田女性部の食品加工グループの12名だった。
 平成元年、「手づくりみそ」が本格的に製品として販売を開始した。ここまでに約3年を費やした。

こだわり
 現在、仕込みは秋の大豆収穫期から2月末まで。仕込みも独特の工夫とこだわりがある。大豆を蒸す際、豆から蒸し汁が出る。この汁を冷まし、仕込みの際に利用するという。この汁の割合も経験から割り出されている。更に豆をつぶす工程は2回行い、滑らかな状態にする。このひと手間がやさしい味の秘密なのかもしれない。丹精込めて仕込んだみそは、丸2年間熟成させ、3年目から出荷する。

町への貢献と食育活動
 今では、手づくりみそは共和町の特産品として町内外で愛され、平成18年度北海道産業貢献賞も受賞する製品となった。販売から20年以上を経過し、井田さんを中心とする食品加工グループは、今年から小学校の食育に取り組んでいる。地元の東陽小学校3年生にみそづくりを体験させ、地元で収穫される、大豆や米の美味しさを知ってもらうことが目的。今年の生徒が仕込んだみそは現在熟成中。生徒が卒業する6年生になったら、一人ずつ渡すという。最高の卒業プレゼントとなること間違いなし。そして大人になっても、この体験と故郷の味をしっかり覚えているに違いない。

きょうわ農業協同組合 企画管理課
〒048-2201 北海道岩内郡共和町前田167番地 
TEL:0135-73-2121 FAX:0135-73-2079
購入希望の方は上記の電話でお問合せください。
*手づくりみそ(1s)700円(送料等はご確認ください) 
他の販売所
・マックスバリュ共和店 TEL 0135-61-4311
・道の駅いわない(北緯43度) TEL 0136-55-3251