小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalw地産(22) 後志でなにが生産されているの

地産(22) 後志でなにが生産されているの

うに味噌
お宿・お食事処 鱗晃荘
代表 杉山 容明 氏


明治からの杉山家
 積丹町入舸地区は明治期、大漁家「斉藤家」の漁場として鰊漁が盛んだった。その頃、現・杉山家の初代杉山源太郎は青森県の陸奥横浜よりこの地に入植。その後、漁師として海産物加工販売で生計を立てた。
 二代目杉山岩蔵になり、それまでの磯船から漁業船での漁となり、規模を拡大。また、漁夫のために銭湯「杉の湯」も開業し、地元からも慕われる存在となった。その後、三代目杉山留八が引き継ぎ、順調に経営していた銭湯だったが昭和31年に火災に見舞われ焼失。銭湯の再建も考えたが、将来、積丹地区も観光の時代が訪れると考え、跡地に「お宿 鱗晃荘」を開業することとなった。丁度、積丹地区の陸路が整備され始めた頃で、この地域では旅館としてのはしりであり、三代目は先見の明があったという。

当時の大黒柱
当時の大黒柱
鱗晃荘誕生
 当時、三代目は旅館を建設するにあたり、加工した鰊を保存していた蔵の柱を大黒柱とした。この柱が鰊のウロコで光り輝いていたことから「鱗晃る宿」として「鱗晃荘」と命名された。昭和50年の建て替え時も、この柱は大黒柱として使われた。
 次に引き継いだ四代目の現店主、杉山 覚さんは、平成9年に現在の宿に建て替えた際、伝統ある大黒柱は柱としては老朽化し使えなかったが、三代目の思いを伝えるため、入り口玄関前に設置した。鱗晃荘のおもてなしの象徴である。

五代目の仕事
現在、鱗晃荘は容明さんの父、四代目の覚さんが漁師として、店主として、料理長として切り盛りしている。次期五代目の容明さんは大学卒業後、札幌でサラリーマンとして活躍していたが、2年前、一念発起、父をサポートするため家業に専念する決意をした。生まれ育った入舸で何ができるか。ホームページの開設、ネット通販、渉外担当として札幌等での営業活動、宿泊、来店していただいた方へのお土産の開発など、新たな発想で活躍している。

クラッカーにチーズとうに味噌
クラッカーにチーズとうに味噌
「うに味噌」とは
 そんな中で、「うに味噌」が誕生する。そもそも「うに味噌」とは積丹伝統の漁師料理だった。ウニ漁期間中、殻からはずした生ウニを製品にする際、形が崩れたものや粒が小さいものは漁師自らが生で食べたり、加工したりしていた。その時、保存食として味噌と砂糖で火を入れて加工したものが「うに味噌」と呼ばれ、ご飯にのせて食べられていたという。味はそれぞれの家庭で違った。容明さんの記憶では、ウニの量が少ないため、それほどウニの味がした記憶がないという。
 容明さんの父、覚さんは6月から8月までのウニ漁期間中は漁師として漁に出る。獲れたウニは生食用の製品と出荷する他に「うに味噌」用に加工される。加工担当は容明さん。
 大きな鍋にウニ、味噌、砂糖を入れ、火を入れながらじっくりと練っていく。製品として販売するため、ウニの含有量は贅沢に全体の2分の1とした。火にかけた鍋を数時間練る作業は簡単ではない。手間ひまがかかる手作りであること、製造期間がウニ漁期間中に限定されることで、製品数は限られるという。
 現在、「うに味噌」は一ビン800円。漁師だから出せる価格だ。仮にウニを仕入れて製造すると価格は数倍になるという。大手の食品加工会社が絶対商品化できない理由がここにある。手間がかかるため、地元の他店でも製造していないという。また、他の加工品として、塩麹のエキスを使ったホッケや豆イカの沖漬けなど、新鮮な魚が手に入る漁師という最大のメリットを生かした製品づくりで差別化している。

冷やっこにうに味噌
冷やっこにうに味噌
地域のために
 容明さんは家業の傍ら、積丹町地域CI推進委員としても活動している。若者が少ない地域だが、町のピーアールや地元住民がより元気に暮らせるよう様々な活動をしている。
 積丹町は観光資源の宝庫。鱗晃荘のすぐ近くには日本の渚百選に選定された「島武意海岸」、その先には積丹岬、神威岬と積丹ブルーの海が続く。これらの観光資源をどのように生かし、地域に観光客を呼び込むか。容明さん達、町の有志は今、知恵を絞っている。今後の活動に注目。

鱗晃荘
〒046-0327 積丹郡積丹町大字入舸町字沢57番地1
TEL 0135-45-6030 FAX 0135-45-6770
http://www.ocn.ne.jp/~rinkouso/
E-mail:rinkousou@topaz.ocn.ne.jp

*国道229号線美国を過ぎて婦美町から積丹岬「島武意海岸」の看板を目印に913号線に入り、「入舸町」「積丹岬」を目指し入舸郵便局の向かい。
*うに味噌の購入は「鱗晃荘売店」、「岬の湯市場」またはホームページでご注文できます。