小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalw分野(32) 様々な観光

分野(32) 様々な観光

ホテル
ホテルノルド小樽

〒047-0031 小樽市色内1-4-16
TEL:0134-24-0500
FAX:0134-24-1085
E-Mail:info@hotelnord.co.jp
http://www.hotelnord.co.jp/

会社:株式会社日旅開発
代表取締役:岡田 芳彦
開業日:平成8年5月30日
総部屋数:98部屋



観光ホテル
 ホテルノルドは平成8年に誕生した観光ホテルである。同年には小樽交通記念館や小樽バインが誕生し、翌平成9年にはペペサーレ、北海あぶりやき運河倉庫、小樽海鮮省など運河沿いの施設が続々生まれた。運河沿いの山側では観光ホテルとしてカナルやソニアに続いて3番目にノルドは生まれている。これら運河周辺の観光施設が並び、同時に堺町に観光施設が整備されていくことで、今日の小樽観光のメッカが形成されてきた。
 この現象からみても、観光施設の増加とホテルの増加は肩を並べてすすめられてきた。

運河沿いの一等地
 ホテルノルド小樽は小樽観光の核となる運河沿いの一等地にある。ドーム状の屋根を持ち、景観を損ねない建造物だ。しかし、小樽の観光シーズンは5月〜10月とされているので、11月〜4月はビジネス客をも確保しなければならない。ビジネスとなると駅前が一等地となりギャップを背負ってしまう。そのための戦略として、閑散期の観光客確保とビジネス客確保を様々な方法で実践をしている。

オンリーワン商品
 まず閑散期の観光客確保のために打ち立てた企画は以下の通りだ。
○朝市朝食プラン
 ホテルで朝食をとるのではなく、鱗友朝市の食堂でとってもらう。片道のタクシーチケットもつく。お客様は朝市の見学も楽しめるし、新鮮な魚を朝食に味わえる。一方、タクシー・朝市・食堂などにも波及効果を持つ。主に本州からの観光客に大人気だ。
○早割・早得プラン
 10日前の宿泊予約割引200円〜500円、28日前の宿泊予約割引700円〜1,000円があり、本州からの観光客に人気がある。
○寿司夕食プラン
 一泊二食のお客様に限り、夕食は指定された寿司店で寿司をたべることができる。「小樽へ行ったら寿司」という定番を商品に盛り込んだ。しかも料金は全て含めて6,000円〜。札幌周辺からの観光客に人気がある。

 次にビジネス客確保のために打ち立てた企画は以下の通りだ。
○全国共通プリペイドカード
 全国共通プリペイドカード「クオカード」1,000円分が発行される。出張経費の中で1,000円自由に使えるお小遣いとなる。ただし使用できる店も限られている。
○室内テレビ有料放送見放題プラン
 有料放送が宿泊中いつでも見ることができる。
 このように、小樽だからできること、宿泊客が喜んでくれることを商品化している。いずれも期間限定でネットからの直接申込となっている。

 さらに連泊の場合に「エコプラン」として、ベッドメイキング不要、アメニティもバスタオルとフェイスタオルのみの取り替えの場合、料金から500円が引かれる。

代理店依存率
 このようなサービス体制を敷くことにより、閑散期の直接客が増え始め、夏場は8割だった代理店依存率が、冬場は6割に減少している。つまりネットからの直接予約が増えているのだ。そして今後も「小樽だからできる」様々な企画を盛り込んでいこうと考えている。現状年間50,000人の宿泊者を増やすと同時に、ネット予約充実で利益率を上げる効果が発揮されている。

震災の影響
 3月11日の東日本大震災により、3月の予約キャンセルが約1,400人、4月は約1,000人、5月は約400人で人数で6%の影響が出たが、7〜8月には前年度に肩を並べる状況に戻った。観光シーズン真っ只中の影響はノルドばかりでなく、小樽の観光施設に大きな影響を残したが、こういった地道な個々の努力の積み重ねが必要だ。