小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalw地産(12) 後志でなにが生産されているの

地産(12) 後志でなにが生産されているの

ニンニク
拒齧{農場
代表 滝本 和彦 氏


滝本 和彦さん
滝本 和彦さん

四国から開拓へ
 明治36年、滝本氏の祖父は徳島県から現在のニセコ町へ開拓民として入植。当時はジャガイモ栽培やでんぷん作りで生計を立てていた。その後、現在の赤井川村へ移転し農業を続けた。移転してからは、ジャガイモの他に当時需要のあった除虫菊を栽培し、収入は安定していたようだ。
 父親の代になり、現在の農業の基盤となる作物栽培となった。そして現在、6haの農場に、一般野菜の他にアスパラ、ニンニク、ブルーベリー等を主に栽培している。ニンニクは50aの畑で栽培され、毎年約3トンほど生産されている。

完熟ニンニク
完熟ニンニク
完熟のニンニク栽培
 栽培しているニンニクの品種は青森県でおなじみの、高級品「福地ホワイト6片種」。30年程前、種を取り寄せ栽培を始めた。当初は製薬会社の契約栽培としてニンニクを大量生産していたが、その後、将来を見据え、こだわりをもった栽培に転換していった。その1つの取り組みとして、滝本氏は自分の畑で収穫した中から毎年種を選び、栽培を繰り返した。長い時間はかかったが、今では滝本氏の畑の土に合ったニンニクとなり、味も他と差別化できるようになった。
 9月に畑に植え付けたニンニクは、豪雪の赤井川村の厳しい冬の間、土の中で自然の力を蓄える。厳しい寒さからニンニクを守るのは雪だ。雪の下で越冬すると、土に含まれる有機質の栄養をしっかりと蓄えることができるという。翌年の春、雪が溶けると成長をはじめ、初夏になると、更に土の栄養を吸収して大きく育っていく。7月は収穫の時期だが、ここで滝本氏のニンニクは他と違う最終段階を迎える。
 一般的なニンニクの収穫は、きれいな白い丸い形で表面の皮も破れていない状態のものを選び出荷する。確かに形も美しく、商品として店頭ではきれいで美味しそうに見える。だが、この段階では、実はまだ熟していないものだという。完全に赤くないトマトを収穫し、流通の段階で赤くなっていくのと同じ。しかしトマトも畑で完熟したものは、流通段階で赤くなったものとは比較にならない美味しさとなる。これと同じように、畑の中で木が枯れるまで完熟させたニンニクは、一片一片の実が丸みをおび、6片を覆う表面の皮がはじけ見た目も悪くなるが、味は間違いなくよくなるという。他の生産者がこの方法で栽培しないのは、見た目が悪いので大量に買い取ってもらえないからだ。このことを解決するために、滝本氏は直販ルートを地道に開拓していった。道内、道外の個人客や店舗など味優先のリピーターを確保したことで、毎年この完熟栽培に取り組めるのだ。

収穫したニンニク
収穫したニンニク
食べるニンニク
 完熟栽培で出来たニンニクは他と何が違うのか。「食べるニンニク」となったことだ。一般的なニンニクの使われ方は、みじん切りやスライス、すりおろし等で食材の香り付けや薬味のように使うことが多いが、滝本氏のニンニクの特長は、味は濃厚なこと。だから購入するお客様は圧倒的に丸ごと食べることが多いとう。素揚げにしたり、焼いたりして食べると、いもやゆり根のようにホクホクしておいしい。香りもきつくなく、次の日の朝を気にしないで食べられるのも人気の理由。収穫時期になると、一人で30sも購入する人もいる。家で保存しながら毎日丸ごと食べているとか。

小売用
小売用
こだわりの有機栽培と品質管理
 滝本氏の農場は厳しい検査に合格した、完全無農薬有機栽培のJAS認定農場。出荷の際はこの認定シールを表示し、安心、安全をお客様に伝えることが出来る。しかし、認定を毎年維持していくことは、厳しく畑の管理をしていかなければならず、それは簡単なことではない。また、いくら認定を受けても作物がおいしくなければ消費者は買わない。畑の管理と味の追求。この2つを維持してきたことで、滝本農場の作物はお客様に評価されてきた。

これから
 今、滝本氏はこの有機栽培ニンニクの仲間作りをしている。新規就農者には自分のニンニクの種を分け、栽培方法も伝えている。いずれ、このニンニクが赤井川村のブランドになること、そして食べた人が皆、健康になってほしいと願っている。

滝本農場
滝本農場
(有)滝本農場
〒046-0521 北海道余市郡赤井川村字池田
TEL&FAX 0135-34-7855
http://www.asupara.jp/
E-mail:3022@asupara.jp

※農場以外での直売はしておりません。お買い求めはFAX、メール等で。 
※直接農場でお買い求めの方は、赤井川村浄水場のT字路を丘側に車で3分、道路左側のログハウスが目印。(事前にご連絡ください)