小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalw地産(10) 後志でなにが生産されているの

地産(10) 後志でなにが生産されているの

ハチミツ
滝下養蜂園
代表 滝下 洋介 氏


滝下洋介さん
滝下洋介さん

蜜
養蜂家としての始まり
 滝下洋介氏、27歳。滝下農園の次男。父親の知り合いの養蜂家を紹介され、20歳でこの道に進んだ。小樽の岩崎みつばち園、増毛の松山養蜂園で修行し、その後2008年に独立。現在は生活拠点を共和町に置き、仁木、泊、神恵内、余市に蜂箱を置き、蜜を集めている。
 滝下氏のハチミツは、100%天然で、抗生物質や人口甘味料などは一切含んでいない。その種類も、一斉に花が咲きだす春の百花蜜を皮切りに、トチ、アカシア、夏の百花蜜、シナ、秋の百花蜜と、季節毎に味や香りが異なる。トチは後志を北限とする栃の木の蜜で、6月頃、逆三角のきれいな白い花が咲く。シナは夏の終わりに咲く大木で、香りが高く、タバコの香料になるのでタバコ用に使われ、あまり出回らないという。

蜂箱の中
蜂箱の中
蜂箱の中では
 通常、一つの蜂箱の中にはセイヨウミツバチが約2〜3万匹の蜂が入っていて、その蜂の群れをまとめるのが1匹の「女王蜂」であり、その女王蜂を支えるのが「働き蜂」だ。女王蜂の大きさは約1p強、働き蜂はその半分位の大きさ。
 その他にも女王蜂の生殖のためだけに生まれてくる「雄蜂」がおり、一つの巣箱の中で、それぞれ分業して群れが成り立っている。女王蜂の寿命は長いもので約2年、働き蜂は約1ヶ月と短い。セイヨウミツバチはニホンミツバチに比べ、移動養蜂に向いているという。

シナのハチミツ
シナのハチミツ
養蜂家の仕事
 北海道での養蜂家は7月〜8月上旬が最盛期。滝下氏も今は午前3時起床。すぐに蜂箱のおいてある場所へ直行し、作業開始。ハチミツは季節により咲く花が異なるので採れるハチミツも様々だ。初夏のトチから始まり、7月上旬はアカシア、その後シナとなる。それぞれ味や香り、透明度も違うという。蜂は蜂箱から約2q圏内を行動範囲とし、一番花の状態が良いものの蜜を集める。6月下旬から7月上旬はアカシアが一斉に咲き始めるので、今はその蜜を集中的に集めてくるそうだ。
 修行当初は蜂に刺され、指が曲がらないほど腫れたそうだが、6年経った今は刺されても腫れなくなった。免疫ができたのかなと笑う。
 健康な蜂を育てることが良いハチミツにつながる。ダニが発生していないか、伝染病にかかっていないかなど、毎日の確認が重要な仕事になる。1箱に8枚の巣を作る板が入っており、1枚ずつ正六角形の巣を作り、集めてきた蜜を貯めていく。蜂箱の状態を確認し、糖度が増した時、採蜜が始まる。箱は2段重ねになっていて、最盛期には上下16枚の板から約20数sのハチミツが採れる。花が咲き始めてから1回目は約1週間後、2回目は約4日後に採蜜する。この作業は8月上旬のシナが終わるまで続く。
 糖度が最も高い蜜蓋の状態を見極められるかが品質の決め手であり、難しいところだという。しかし、花の咲きが悪かったり、天候不順な年には採蜜量は減る。農業と同様、毎年安定した量を確保できる仕事ではない。
 お盆を過ぎると、採蜜作業は終わり、次の年のための蜂作りとなる。北海道での活動は4月下旬から11月下旬まで。冬季は静岡県など温暖な地域に蜂箱を移動し蜂を育てる作業となるそうだ。1年中、生産できる仕事ではない。

養蜂家は農業者の強い味方
 養蜂家の仕事でもう一つ重要なのは農家へ蜂を貸し出すこと。メロン、いちごなどハウスで栽培される作物には花粉交配のために蜂が不可欠。蜂なしの自然交配では実の付きが悪く、生産できないといっても過言ではない。農業者は時期がくると養蜂家から蜂箱ごと借りて、ハウス内に蜂を放し交配の助けを借りる。現在のハウス栽培はハウス毎に収穫時期をずらすため、花の時期が一斉に終わることがなく、蜂の貸し出し期間も長期になってきているという。

道内の養蜂家
 現在、後志の養蜂家は滝下氏と養蜂を教えてくれた岩崎氏の2人だけ。その他道内には13名ほど活動している。シーズン前には皆が集まり、蜂箱の置く場所を調整してから始まる。養蜂はすべて届け出を行う事業だが、近年は無届けで知識もなく養蜂を行う人もいて、蜂の伝染病などの問題が発生しているという。

これから
 ハチミツは一人で生産できる量が限られている。そのため、信頼される高品質のハチミツを生産していくためには健康な蜂を育てること、丁寧に採蜜していくことだという。ハチミツは優れた健康食品、身体が弱っていたり疲れが溜まっている時や、スポーツなどの運動後の肉体疲労などに対して、効率良く栄養を吸収することができる食品。暑い夏を乗り切るためには最適な逸品といえる。

滝下養蜂園(滝下農園)
〒046-0001 北海道余市郡余市町栄町2012
TEL&FAX(0135)23-7734 滝下携帯:090-6444-8534
http://www5f.biglobe.ne.jp/~takisita-nouen/
E-mail:takisita@mtb.biglobe.ne.jp

※滝下養蜂園のハチミツの購入は、仁木町きのこ王国、余市町エルラプラザ、小樽都通り土曜市及びふれあいプラザ、またはホームページで。(7月以降の販売です。売り切れの際はご容赦ください。)